サーバトラブルとデータ消失のお詫び 2012年2月18日

2012年2月16日 23時頃よりサーバのトラブルが発生し、サイトが利用できなくなりました。またこれに伴って 2011年12月12日 以降に送信頂いたデータと、ご登録頂いた会員データを消失してしまいました。サイトをご利用頂いていた皆様に大変なご迷惑をおかけしてしまった事をお詫びいたします。

経緯

2012年2月16日 23時頃、GEIGERMAPがインストールされているサーバOSのアップデート後に再起動を行った所、サーバが起動しなくなりました。サーバレンタル元にリセットを依頼した所、リセット後もOSが起動しない状態との事でした。利用していたレンタルサーバはそれ以上の調査やデータサルベージはできないプランであったため、OSが再インストールされサーバ内のデータは失われる事となりました。

OSの再インストール後、バックアップデータを使って数時間前のデータに復旧できる筈でしたが、昨年 2011年12月12日 のバックアップを最後に、バックアップファイルをサーバより別のマシンへコピーする自動処理が正常動作しなくなっておりました。サーバ内のバックアップファイルはサーバトラブルに伴って消失してしまったため、復旧可能な最新のバックアップが 2011年12月12日 のものとなってしまいました。

影響

2011年12月12日 から 2012年2月16日 までに送信いただいたデータが消失してしまいました。せっかくご送信いただいたデータを利用できない状態にしてしまい、大変申し訳ありませんでした。

また 2011年12月12日 から 2012年2月16日 までにご登録・ご変更頂きました会員情報も消失してしまいました。お手数をおかけして大変申し訳ございませんが、再度のご登録をお願いいたします。

再発防止策

バックアップが利用できなくなる事が無い様、バックアッププロセスを改善します。また今回発覚した、バックアップのコピーが長期間停止していたようなトラブルが発生しない様、トラブル時に警告を出すシステムを徹底します。

多くのシステムを一つのサーバで運用していたため、復旧に時間がかかりました。今後はサービスを適切なサイズで別々のサーバに分散し、マシントラブルの影響を小さくします。

データ送信ソフトの送信先URL変更のお願い

今回の復旧に伴いURLを変更したため、お手数ですがデータ送信ソフトの送信先URLを変更して下さい。

Windows usbgmpost.wsf の場合

usbgmpost.wsf の 10行目を以下の様に変更してください
var postto = "http://drumsoft.com/gm/";

var postto = "http://gm-jp.org/";

Mac geigermapc.pl の場合

geigermapc.pl の 6行目を以下の様に変更してください
url => "http://drumsoft.com/gm/",

url => "http://gm-jp.org/",

なお、Mac版はURLのリダイレクトに反応してくれるため、この変更をしなくてもデータが送信できます(でも、変更していただいた方がいいと思います)。Windows版は変更しないとデータが送信できなくなってしまう様です。配布しているソフトにはこの変更を反映済みです。